HODGE'S PARROT

はてなダイアリーから移行しました。まだ未整理中。

偽預言者を警戒しなさい、彼らは羊の皮を身にまとってあなたがたのところに来るが、その内側は貪欲な狼である



ロジャー・キンボードの『終身在職権をもったラディカルたち』には、最近の流行にのった軽簿な教授たちの姿がそれにふさわしい軽蔑の念をこめて描かれているが、わたしはその中の一節に修正を加えたい。キンボールによると、六〇年代のラディカルはいまや一流大学の要職についているという。これでは甘すぎる。いまのアメリカの大学に在職する左翼にくらべたら、うちのハッティーおばちゃんのほうがよほどラディカルだ。
六〇年代の真のラディカルたちはほとんどが大学院に進まなかった。たとえ進んだとしても途中でドロップアウトした。たとえなんとか卒業しても、仕事につくのに苦労したり、勤めをまっとうできなかったりした。彼らはあくまでも一匹狼で、孤立し、中心から外れている。いまの大学に巣食う左翼たちは、かっこつけの出世亡者、臆病者の点取り虫だ。単位をとるのに躍起になって図書館通いをしたり、先輩教授にごまをすったりするのに忙しくて、そのあいだに六〇年代は過ぎてしまった。
彼らの政治的な主張はあとからとってつけたもの、手垢にまみれた中古品、パリから輸入された思想に熱中した七〇年代の流行をそのままとりいれたものにすぎない。そういう人びとがトップの座についたのは、システムに異議を申し立てたからではなく、システムにうまく順応したからだ。そういう連中は社畜と同じ。ローゼンクランツとギルデンスターンだ。特権に甘んじるオポチュニスト、流行の波に乗る人びと。



カミール・パーリア『セックス、アート、アメリカンカルチャー』(野中邦子 訳、河出書房新社) p.286-287 *1

「特定の大学出身者」が国家機関──大学の教員を含め──の、その要職の大部分を占めていること。これが支配ではなくていったい何なんだろう。そういった支配体制がなぜ問題化されないのか。そういった特権構造に対して、どうして異議申し立てがなされないのか。
「特定の大学出身者」による国家機関の支配。市民が国家機関により支配され、抑圧されているのならば、そういった支配構造、差別構造を解消するために、市民にはいったい何ができるのか。抑圧構造を維持・強化している特権者の権力をいかにして奪うことが可能なのか。
国家機関──大学の教職を含めた──を支配している「特定の大学出身者」は、様々な場面で市民を支配し「使役させる」ことを目論んでいる。「特定の大学出身者」であるから、他人を支配し「使役させる」ことに対して、何の疑問ももっていない。それが当然だと思っている。

17.ああでもない、こうでもない、と自分がいろいろ知っていることを並べて、賢いところを見せる。


東大話法

ちなみに、日本の全国立大学(86機関)の教授の平均年収は1053万円、私学だと年齢にもよりますが1400万円を越えるところもあるそうです。



海外の大学の教授はどれぐらい給料をもらっているのかトップ10

「特権大学教員」が「社会構造を変える」だなんてまったく思えない。文科省批判を「回避させる」ために、他人を名指しし、自分の研究対象に勝手に組入れ(勝手に組入れることができる特権、好き勝手に組入れることができると思っている傲慢さ、勝手に自分の研究対象に貶めていいと思っている思いあがり、そういったことを実際すべて可能にしている特権意識)、「その名」を与え、「その名」で呼び直し、支配し、「使役させる」こと。「特権大学教員」がやっていることは、市民を〈臣民〉にしようとする権力者とどこが違うのだ? 私たちは「特権学者」の〈臣民〉では決してない。市民を踏み台にして出世を計るような「特権大学教員」。踏み台にするために、踏み台にするための市民を選びだし、名指しし、自分の研究材料に貶め、外国の思想家を利用して、その権威を見せびらかし、他人を「使役させる」──それこそ文科省批判を「回避させる」ために、市民を支配し、名指しし、「使役させる」特権大学関係者のことを──「結婚の平等」を阻害する「反人権」政治活動を行っている公人=国立大学教員こそを問題化するために、それを市民が監視する制度をつくらなければならない。

彼らは少しでも高い地位と給料を追い求めて、きょろきょろしている。イアソンの金羊毛をまんまと手に入れ、黄金のパラシュートで自分だけの大金を手に入れようとチャンスをうかがっている。学会はまさにインチキくさいインサイダー取引、奇抜な新作コマーシャルのキャッチフレーズをわめきながら密閉包装の製品を売りつける出世志向のセールスマンも顔負けの足のひっぱりあいだ。学会にただよう現実離れした感覚は人を惑わす。


カミール・パーリア『セックス、アート、アメリカンカルチャー』 p.302

「現実主義でいこう、われわれ左翼学者は、体制が与えてくれる特権をすべて享受しながら、外面的には批判的でありたいのだ。そのために、体制に対して不可能な要求をなげつけよう。そうした要求がみたされないことは、みな分っている。つまり、実際には何も変わらず、われわれがこれまで通り特権化されたままでいられることは確かなのだ」。



スラヴォイ・ジジェク『操り人形と小人』 p.68

[関連エントリー]

アメリカの新興学問」=クィアの横暴と欺瞞とセクシュアルハラスメントと薄汚い包摂のやり方に断固として抵抗するために

*1:

セックス、アート、アメリカンカルチャー

セックス、アート、アメリカンカルチャー