HODGE'S PARROT

はてなダイアリーから移行しました。まだ未整理中。

music

Deutsch Amerikanische Freundschaft について知らなかったこと

Twitter の流れるタイムラインの中から偶然目にした D.A.F.(Deutsch Amerikanische Freundschaft)という音楽ユニット(デュオ)。そのどこか懐かしげな電子音楽(エレクトロ)の響きと、そのどこか訳知りなイメージを喚起するミュージックビデオに刺激を受…

「反逆的であったが、そのくせ無力」だから”People United Will Never Be Defeated!”

People United Will Never Be Defeated Winnsboroアーティスト: Frederic Rzewski,Ralph Van Raat出版社/メーカー: Naxos American発売日: 2008/03/25メディア: CDこの商品を含むブログ (2件) を見る フレデリック・ジェフスキー(Frederic Rzewski、b.1938…

幻想曲とフーガ BWV944

オランダ出身のチェンバロ奏者レオン・ベルベン(Léon Berben、b.1970)*1による、J.S.バッハのクラヴィーア曲集を最近よく聴いている。J.S.バッハ:幻想曲とフーガアーティスト: レオン・ベルベン出版社/メーカー: Myrios Classics発売日: 2010/11/24メディ…

主よ、私の目を見えるようにしてください 〜 まことの神にしてダビデの子である君よ

ヨハン・セバスティアン・バッハのカンタータ《汝まことの神にしてダビデの子よ Du wahrer Gott und Davids Sohn》BWV23 を聴いた。演奏は、カール・リヒター指揮、ミュンヘン・バッハ管弦楽団&合唱団、エディット・マティス(ソプラノ)、アンナ・レイノル…

1995年に亡くなったピアニスト、ジョセフ・ヴィラについて

ジョセフ・ヴィラ(Joseph Villa、1948 - 1995)というアメリカのピアニストについて偶然知った。これまで彼の演奏を聴いたことがなかった、ディスクも一枚も持っていなかった、その名前すらも耳にしたことがかった。これまで、僕にとって、ジョセフ・ヴィラ…

新しい単純性〜ケヴィン・ヴォランズ

Volans;String Qrts.Nos.2&3 String Quartet No.2 'Hunting : Gaterring' (1987) String Quartet No.3 'The Songlines' (1988) BALANESCU QUARTET - recording 1993 / argo ケヴィン・ヴォランズ(Kevin Volans、b.1949)*1は南アフリカ出身の作曲家である。…

マタイ受難曲とC-IN2アンダーウェア

すっかりゲイの新たな必需品ブランドになった、C-IN2 のアンダーウェア。 http://www.c-in2.com/このセクシーなアンダーウェアの魅力を存分に活写したビデオがYouTubeにあった。写真家スティーヴン・クライン(Steven Klein)*1による、美しく、野蛮で、そし…

都会の祈り〜神は万物の中に現存する……

オリヴィエ・メシアン作曲による《神の現存のための三つの小典礼》(1943年)の生々しいライヴ演奏の動画が YouTube にあった。僕はこの作品が大好きで、最初に聴いたときには本当に衝撃を受けた。何はともあれ、この強烈な音楽を聴いてほしい──電子楽器オン…

2010年の音盤を振り返る

いまだに僕はカタチあるモノとしての「ディスク」にこだわっている。なので2010年に聴いた新譜の(カタチある)音盤の中から印象に残ったモノをピックアップしておきたい──本当は、ここ数年いつも書いているが、買って聴いたときにすぐに(初めてその音楽に…

《峡谷から星たちへ》からホワイトノイズへ

久しぶりに長い音楽を聴く時間が取れたので、オリヴィエ・メシアン(Olivier Messiaen、1908 - 1992)の《峡谷から星たちへ》を聴きかえした。演奏は、エサ=ペッカ・サロネン指揮&ロンドン・シンフォニエッタ、ポール・クロスリー(ピアノ)。カップリング…

血の代金

ヨハン・セバスティアン・バッハの《マタイ受難曲 Matthäus-Passion》BWV244 を聴きたくなった。アメリカの黒人歌手マリアン・アンダーソン(Marian Anderson、1897 -1993)による第39曲 アリア 「憐れみたまえ、わが神よ」。Marian Anderson- Erbarme dich,…

「シューマンを聴きながら」3

青柳いづみこ著『音楽と文学の対位法』を読んだ。第2章がロベルト・シューマン論であった──”シューマンとホフマンの「クライスレリアーナ」”。それはこんな風に始まる。 1854年2月27日、ローベルト・シューマンがライン河に身を投げる直前に書いた曲は、《主…

ロビン・ロードとアンスネスのブリテン、ショスタコーヴィチ&エネスコ

『レコード芸術』2009年7月号にノルウェーのピアニスト、レイフ・オーヴェ・アンスネス(Leif Ove Andsnes、b.1970 - )のインタビュー記事が載っていた。とくに、その中で、南アフリカのヴィジュアル・アーティスト、ロビン・ロード(Robin Rhode、b.1976)…

ヨシフ・イワノフのバルトーク&ショスタコーヴィチのヴァイオリン協奏曲

VIOLIN CONCERTOSアーティスト: SHOSTAKOVICH/BARTOK出版社/メーカー: AMBROISIE発売日: 2016/03/02メディア: CD クリック: 4回この商品を含むブログ (1件) を見る ストラディヴァリウス"Piatti"(1717)を美しく鳴らし、最高に魅力的なセザール・フランクの…

アンデルシェフスキのカーネギーホール・ライブ

Live at Carnegie Hallアーティスト: Béla Bartók,Johann Sebastian Bach,Leoš Janáček,Ludwig van Beethoven,Robert Schumann,Piotr Anderszewski出版社/メーカー: Virgin Classics発売日: 2009/03/30メディア: CD クリック: 5回この商品を含むブログ (1件)…

ヴァシリー・プリマコフのショパン:ピアノ協奏曲

Primakov Plays Chopin Concertosアーティスト: Fryderyk Franciszek Chopin,Paul Mann,Odense Symphony Orchestra,Vassily Primakov出版社/メーカー: Bridge発売日: 2008/11/11メディア: CD購入: 1人 クリック: 12回この商品を含むブログ (1件) を見る先日…

ヴァシリー・プリマコフのチャイコフスキー

Seasonsアーティスト: Pyotr Il'yich Tchaikovsky,Vassily Primakov出版社/メーカー: Bridge発売日: 2009/02/10メディア: CD購入: 1人 クリック: 8回この商品を含むブログ (1件) を見る ロシア出身のピアニスト、ヴァシリー・プリマコフ(Vladimir Primakov…

管弦楽版《死と乙女》と完成版《未完成交響曲》

Death & the Maiden (Symphonyアーティスト: F. Schubert出版社/メーカー: Naxos発売日: 2009/03/31メディア: CD クリック: 7回この商品を含むブログ (1件) を見るフランツ・シューベルトの弦楽四重奏曲第14番ニ短調 D.810 《死と乙女》をアンディー・シュタ…

アリシア・デ・ラローチャ死去

スペインのピアニスト、アリシア・デ・ラローチャ/Alicia de Larrocha が9月25日、彼女の生まれ故郷であるバルセロナの病院で亡くなった。86歳だった。 Alicia de Larrocha, Poetic Interpreter of Mozart and Spanish Composers, Dies at 86 - Obituary (O…

ラミン・バーラミの《フーガの技法》

イランのテヘラン生まれのピアニスト、ラミン・バーラミ(Ramin Bahrami、1976)によるヨハン・セバスティアン・バッハの《フーガの技法》BWV 1080 を聴いた。Art of the Fugueアーティスト: J.S. Bach,Ramin Bahrami出版社/メーカー: Decca Import発売日: 2…

マルツィン・ディラのギター・リサイタル

Guitar Recitalアーティスト: Marcin Dylla出版社/メーカー: Naxos発売日: 2008/08/26メディア: CD クリック: 8回この商品を含むブログ (2件) を見る ポーランドのギタリスト、マルツィン・ディラ(Marcin Dylla、b.1976)によるギター音楽集。ナクソスのグ…

サロネンの《ヒーリックス》、ピアノ協奏曲、《ディコトミー》

フィンランドの指揮者、にして作曲家であるエサ=ペッカ・サロネン(Esa-Pekka Salonen、b.1958 - )の近作を収録したディスクを聴いた*1。指揮はもちろんサロネン自身、ピアノはイェフィム・ブロンフマン(Yefim Bronfman、b.1958 -)、ロスアンジェルス・…

昼間のオカルト=人智学

アレクサンドル・スクリャービン(Alexander Scriabin、1872-1915)の音楽をいくつか連続して聴いていて──例えば《神聖な詩》や《法悦の詩》、《プロメテウス》などをまとめて聴いていて、そのため神秘体験を得た……わけではまったくなく、非常に明晰に書かれ…

”So In Love” 日曜洋画劇場版

Twitter で、ヴィラ=ロボスのピアノ協奏曲第5番から話が進んで…(中略)…あの日曜洋画劇場のエンディングで使用された「ピアノ協奏曲風」ヴァージョンによる、コール・ポーターの《So In Love》が YouTube にあがっていたのを見つけた。やったー! 日曜洋画…

好きなヴァイオリン協奏曲ベスト10

またブログでつぶやきたくなったので、 好きなヴァイオリン協奏曲ベスト10をつぶやいてみる。 シベリウス ヴァイオリン協奏曲 ニ短調 Op.47 ヨハン・セバスティアン・バッハ 2つのヴァイオリンのための協奏曲 ニ短調BWV1043 ブラームス ヴァイオリン協奏曲 …

好きな交響曲ベスト10というつぶやき

Twitter とかやってると、ブログ(はてなダイアリー)って、しっかり考えて、しっかり調べて、しっかりとした文章で書かなくは……なんて思うようになってくる。でも、以前は──FTPで「ホームページ」にファイルを送信していたときは、ウェブログこそ気軽に更新…

ジャック・リーベックのドヴォルザーク

Dvorak: Violin Concerto Sonata & Sonatiアーティスト: Jack Liebeck出版社/メーカー: Sony Classical UK発売日: 2009/06/01メディア: CD購入: 1人 クリック: 8回この商品を含むブログ (1件) を見る イギリスのヴァイオリニスト、ジャック・リーベック(Jac…

ロベルト・シドンのスクリャービン

ブラジル出身のピアニスト、ロベルト・シドン(Roberto Szidon、b.1941 -)によるアレクサンドル・スクリャービンのピアノソナタ全曲集を聴いた。録音は1970年代前半──でも、古さをまったく感じさせない。Complete Piano Sonatasアーティスト: Alexander Scr…

スクリャービンの重低音

YouTube にスクリャービンのピアノ曲がいくつも挙がっていたので、その中で重低音を重視した作品のビデオをいくつか。《ピアノソナタ第1番 嬰ヘ短調》の第3楽章と《黒ミサ》は以前紹介した。 まずはスクリャービンの名刺代わりともいえる有名な《練習曲 嬰ニ…

デュティユー《コラールとヴァリエーション》

フランスの作曲家、アンリ・デュティユー(Henri Dutilleux、b.1916 - )の本が出るようだ。クロード・グレイマン 編『デュティユーとの対話 音の神秘と記憶』(木下健一 訳、法政大学出版局)。via.悪漢と密偵 20世紀後半の最大の作曲家の一人、アンリ・デ…