HODGE'S PARROT

はてなダイアリーから移行しました。まだ未整理中。

キャサリン・マッキノン

個人と集団へのハラスメント キャサリン・マッキノンの Only Words より

「差別語」あるいは「蔑称」と看做される言葉を目にしたときの〈傷〉の表明は、表明するにあたって、誰か他の人の利害と調整しなければならないのだろうか。そういったことができる人たちに「合わせ」なければならないのだろうか。 私は、その度に、キャサリ…

レオ・ベルサーニの直腸とキャサリン・マッキノンのポルノグラフィ

レオ・ベルサーニが『直腸は墓場か?』で重要視するキャサリン・マッキノンとアンドレア・ドウォーキンらによるセクシュアリティに対する視点 最近の研究が強調してきたところでは、ジョン・ボズウェルがいうように「美の基準がしばしば男性の原型にもとづく…

空気をコントロールすること

2005年、デンマークの新聞『ユランズ・ポステン』がイスラム教の預言者ムハンマドを風刺した漫画を掲載した。これに対し、イスラム諸国から激しい抗議が巻き起こった。大規模なデモ、暴力的な騒動、重大な外交問題に発展した。 この風刺画はムハンマドの12の…

要するに、生命にはひとつの基本的な傾向しかない。すなわち無生物の「安定状態」に戻るという傾向、つまり死に向かう傾向だ。

西谷修『戦争論』の第一章「世界戦争」を再読した。個人的に多くの示唆を得た──しかし、それは、この論考で、あるいはこの一冊の著書全体で著者が読者に向けて意図して描いたであろうことを受け止めたかどうかとは、無関係である。気になった部分をメモして…